トップ >> 美容のためにもたるみケア

たるみの原因を知って美容ケア

美容に気をつかっていてもたるみやシワのせいで顔が老けた印象に見えてしまいます。たるみの例を挙げますと、涙袋が大きくなったり、頬の位置が下がり気味になってしまったり、ほうれい線が目立つようになってしまったり・・・。この減少は、肌の深層部がゆるむことによって起こる地すべりの状態です。美容のためにもたるみのケアをしっかりしましょう。ケアをするためにはたるみの原因を知っておく必要があります。原因はコラーゲンを作り出す力が衰えていること、顔の筋肉が衰えること、顔の脂肪が増えること、ハリを保つ弾性繊維のもととなるエラスチンが老化するなどのことが原因です。

美容の大敵のたるみの種類

美容の大敵のたるみにはいくつかの種類があります。それが真皮老化たるみです。真皮層の弾性繊維という、肌の弾力を生み出すものが老化して肌を支えきれなくなった状態のことです。コラーゲンやエラスチンというものは、肌の弾性繊維と呼ばれる網目状のものが老化することによって肌の弾力が支えられなく成る状態です。こちらに対するケアの方法は、肌の弾力をアップさせるような美容成分が配合されている化粧品をつかうことです。エラスチンやコラーゲンを新しく作り出す働きを促すような植物エキスや銅や亜鉛などのミネラル成分を摂取したいものですね。

老化対策の美容情報